前へ
次へ

古くなった建物を不動産売却する場合はどうするか

不動産は建物付きの土地も何もない更地も両方当てはまります。更地と建物がある土地では価格も違います。どちらがより高い値段で不動産売却できるかというと建物がある土地となります。更地を買った後に注文住宅などを買うケースもあります。しかし、大半はハウスメーカーや工務店が建てたマンションや家がついた土地を購入します。土地は面積や場所によっては使用の制限があるので、建物がついた方が買い手が付きやすいでしょう。ただし、建っている家があまりに古ければ例外です。古い家を不動産売却しても売れ行きは芳しくありません。住むことが難しいなら取り壊さないといけません。不動産を買いたい人はその物件を利用するので、更地を選択肢に入れない人は多いでしょう。古い家を取り壊してから不動産売却すればいいですが余分に資金がかかってしまいます。かといって更地にしたところで不動産売却できるかはわかりません。確実ではありませんがそのまま不動産売却してしまうのも手です。最近は建物がついた土地を購入して自分でリフォームする人も増えています。いわばリフォームブームです。新築で建てるより予算が安くなるのでリフォームは人気となっています。もちろん土地に建っている家の見た目や築年数によっては更地がいい場合もあります。どうするか困ったら不動産売却のプロの意見も聞いてみましょう。

Page Top