前へ
次へ

不動産売却の際に必要なものを知りたい方へ

不動産売却を検討している方へ、知っておいてもらいたい事があります。それは、必要書類です。何が必要なのかを知っておくと不動産売却の際に役立ちます。まず、身分証明が出来るものです。住民票や印鑑証明、実印が必要になります。ただ、印鑑証明や住民票などは、有効期限があり、3か月以内のものに限ります。次に必要なものとして登記済権利書または、登記識別情報になります。これは、法務局などに事前確認を行う必要があり、人によっては、司法書士など代理人に依頼をされる方もいます。また、不動産売却の際に必要な書類として固定資産税納税通知書が必要だったり、固定資産税評価証明書などが必要になります。また、土地測量図や、境界確認書です。これもお隣との土地境界線を知っておくために取得をしておく必要があります。また、不動産売却の際に戸建ての場合には、検査済証や、工事記録書などです。また、不動産売却でもマンションの場合、マンション管理規約や使用細則などが書かれているものなどがあるとスムーズです。不動産売却にはこれらの書類が必要になることを知っておくと便利です。

Page Top