前へ
次へ

不動産売却が成立した後も手続きが必要です

不動産売却は手放したい物件に買い手が現れれば成立です。契約を締結すると物件の引き渡しすることになります。住んでいない物件ならスムーズですが、住んでいる場合は少々手間がかかります。引き渡しに向けて荷物を移動させるだけでは終わりません。新しい所有者に引き渡すだけでなく所有権を移さないといけません。期日は契約で決まっており遅れると後で大変なことになります。不動産売却して終わりではなく期日までに諸々の手続きを完了させましょう。所有権を移すには登記手続きが必要です。不動産売却の利益を残った住宅ローンに使うなら残額の返済について打ち合わせを行います。不動産売却が決定して引き渡しをする前に行うのが測定です。売主・買主・土地家屋調査士が集まり、測定をしてもらいます。住居内の私物は必ず撤去してください。不動産売却が終われば安心する人も出てきますが意外とやるべきことは多いです。あまり慣れてない事務作業を行うので事前にしっかり確認しましょう。不動産会社に相談すれば不動産売却の手続き面もサポートしてくれます。

Page Top