前へ
次へ

不動産売却時は物件にある欠陥も説明しよう

マンションや住宅を不動産売却した後はそれで終わりではありません。売主は瑕疵担保責任が発生します。比較的支障のある隠れた欠陥が見つかったら売主は損害賠償を支払うことになります。発生する事例としては水道の水漏れや雨漏りなどです。あくまで隠れている欠陥なので、不動産売却時にこれらの欠陥がきちんと説明されている場合は含みません。責任を一切売主が負わないことも可能ですが、これでは買主に不動産売却を拒否されてしまいます。不動産売却での瑕疵担保責任を負う期間は決まっていません。おおよそ物件の引き渡しから10年か、欠陥に気づいて1年がおおよその契約期間になるでしょう。実際の契約では不動産売却から半年から1年程度にするのが一般的です。不動産売却時に支障の出る大きな欠陥が見つかっても隠してはいけません。不動産売却には不利になるかもしれませんが欠陥が見つかれば買主に説明することが大切です。もし黙ったまま不動産売却すると、発覚した後に買主から別の責任を追及される可能性もあります。

Page Top